学校紹介

校訓

せいだして みんななかよく つよくなれ

校歌

学校のあゆみ

昭和 54年 3月 児童急増に伴ない豊田南小学校を二分し、青城小学校を創設。
平成 2年 11月 健康優良学校(大規模の部)で、静岡県教育長・静岡県学校保健会会長から表彰
平成 8年 10月 健康推進学校(中規模の部)優秀校として、静岡県教育委員会から表彰
    11月 健康推進学校中規模の部静岡県代表として、朝日新聞社(後援:文部省・厚生省)から表彰
平成 21年 12月 耐震工事終了

校名の由来

現在の磐田市立青城小学校が設立した際、校名募集がおこなわれ、様々な校名案の中から熊谷敬三の雅号である「青城」をとった青城小学校が採用されました。

熊谷敬三(くまがいけいぞう)※1819(文政2)年〜1900(明治33)年

西之島村(現 磐田市豊田西之島)に生まれる。雅号(がごう)は青城(せいじょう)。
幼い頃から中泉の秋鹿(あいか)氏などに学問を学び、絵は福田半香(ふくだはんこう)について習う。明治3年に邸内で私塾を開いたが、入塾希望者が多くなったため、近くの徳蔵寺(現在は廃寺)に移した。明治5年の学制頒布(がくせいはんぷ)により、翌年に西之島学校として開校。校舎が狭くなったため、有志と図り明治8年に若宮八幡宮境内(わかみやはちまんぐうけいだい)に洋風3階建ての校舎を建設した。この際村人たちに夜なべ仕事として縄(なわ)ないを奨励(しょうれい)し、藁草履(わらぞうり)や草鞋(わらじ)を作らせ、それを売って学校建設の資金をかせぎ建設資金の一部にしたという話が伝わっている。また近隣の村の神社を集め、明治7年郷社(ごうしゃ)若宮八幡宮の創建(そうけん)にも深く関わったことでも知られている。

学校の特色

知・徳・体のバランスのとれた子どもの育成

●「自分で考える」(知の育成)
「主体的に考え表現する力」
○授業を通して主体的に考える力や表現する力を育てる
○地域との連携を基盤とした、園や他校との交流・小中一貫教育を推進する
○ユニバーサルデザインの視点を取り入れた生活環境・従業づくりに心掛ける
●「心を耕す」(徳の育成)
「他者を思いやる心」
○自他を大切にする心と、よりよい人間関係を築こうとする心を育てる
○時と場に応じた、笑顔と思いやりのある挨拶が進んでできる子どもを育てる
○いじめの芽を見逃さず、どの子も安心して過ごせる学級・学校環境をつくる
●「進んでやりぬく」(体の育成)
「たくましい心と体」
○粘り強く最後までやりぬく経験を通して、心のたくましさを育てる
○力いっぱい体を動かし、目標に挑戦しようとする意欲を育てる
○防災教育・健康教育を計画的に進め、安心安全な生活への意識と行動力を高める

教育目標・重点目標

●教育目標
ともに学び 進んでやり抜く たくましい子
●重点目標
「自分で考える」「心を耕す」「進んでやりぬく」

アクセスマップ

Google Maps を読み込めません。管理画面で正しい住所が設定されているか確認してください。

 

インフルエンザ流行

本格的な寒さがやってきました。本校でもインフルエンザが流行し始めました。学校では、換気・手洗いうがい・マスクの着用を呼びかけています。ぜひ、お休みの日も、感染には注意してお過ごしください。
台風等による暴風時の対処